提唱者からのメッセージ

考えない、想わない、ということについて

瞑想では、考えない、想いから離れる、ということを重視します。それは、想いから離れることによってだけ、本来の自分を観ることができるからです。 このことは、想いから自由でなければ、ものごとの真実は観えないことを意味しています。たとえば、あ...
提唱者からのメッセージ

瞑想の3ステップの相互関係

金井メソッドでは、1・心を開く、2・想いから離れる、3・自分を観る、という3ステップを行います。この順番には意味があり、そうすることでより本来の自分に近づきやすくなるのです。しかしこの順番は基本的な形としての順番であり、三つのステップすべて...
提唱者からのメッセージ

瞑想しても辛いことがなくならない人へ

瞑想をしても辛いことが無くならないという人がいます。瞑想は苦しみから逃れ幸せを手に入れるためにするわけですから、瞑想しても辛いことが無くならないのでは瞑想する意味がありません。 それでは、瞑想しても辛いことが無くならない場合は何が問題...
提唱者からのメッセージ

真理を得る瞑想とは

真理を得るために瞑想することは、瞑想本来の目的ですから大変好ましいことです。真理を得るということは、知識を得たり理解をするということとは違います。なぜなら、知識を得たり理解をしても、その人の在り方は変わらないからです。 真理を得るとは...
提唱者からのメッセージ

小さな満足に止まらない

瞑想をしていると、心が静かになったりリラックスすることができるようになります。その結果として自分が強くなり、ストレスが減り、また日々の問題が解決しやすくなったりするのです。そうすると、それに満足して、日々同じ気持ちで瞑想を続けるだけになりが...
提唱者からのメッセージ

寂しくない人生を送るためには

寂しさは自分の内に存在の喜びを得られないときに感じるものです。そのために、自分のそばに他者を必要とするのですが、自分にとって都合の良い他者がそばに居ないと孤独感に襲われるわけです。 ですから、寂しさから逃れるためには、そばに他者がいる...
提唱者からのメッセージ

自分を優先する考え方

人間のもっとも正直で正しい生き方は、常に自分を優先する考え方に基づいて生きることです。人間も動物ですから、自分の存在が人生の中心であり、その存続が最も大事なことなのです。それは道徳や社会規範などに関係なく、人間の奥深くに内在しているものです...
提唱者からのメッセージ

苦しみと意識の持ち方

苦しみや迷いや悲しみといった人間の感情は、常にある事実が引き金となります。しかし事実とは何を意味するのでしょうか?事実とは客観的な事柄、誰がみても同じように認識できる事柄を意味します。しかし人間というものは、すべての出来事や事柄に対して、そ...
提唱者からのメッセージ

他の人といると苦しくなる

他の人といて(相手がどのような人かによりますが)苦しくなる場合があります。具体的な原因や理由はいろいろとあり得ますが、根本的な原因は、相手に対してあなたの心が開かれていないからです。相手に対して心を開いていないと自分が苦しくなるだけでなく、...
提唱者からのメッセージ

勘働きや思い付きの意味と価値

根拠のない勘が働いたりフト思いついたりすることは誰にでもあります。そのような現象は潜在意識からの情報を受け取ったときに起きるものです。潜在意識の層にはいわゆる個としての経験(自分が考えたことや体験したこと)からの情報だけでなく、個を超えた世...